ローコスト住宅を買ったなら、メンテナンス費用を抑えよう

住居費と聞くと住宅の購入費用を思い浮かべる方が多いかもしれませんが、入居後の光熱費や修繕費用なども含めてトータルで支払うコストが含まれます。
土地の購入費用や設計・建築費は初期費用に過ぎず、入居後も一定のランニングコストやメンテナンス費用を負担し続けることを考慮しておく必要があります。
ローコスト住宅を選択すれば初期費用を安くすることができますが、材料が安物であったり断熱性能が低いとランニングコストやメンテナンス費用の割合が高くなってしまう恐れがあるので、注意が必要です。

ローコスト住宅を選択する目的はトータルで負担する住居費を節約することであり、最初に支払う初期費用だけを安くしても意味がありません。
新築住宅を購入する場合は、入居後のランニングコストやメンテナンス費用の割合が高くならないようにするための対策を講じておくことも大切です。

ローコスト住宅でもメンテナンス費用を抑えるための方法はいくつかありますが、特に費用対効果が高いのは断熱性や機密性の高い建材を選択する方法です。
グレードの高い断熱材を選択することで入居後に光熱費を節約することができますし、結露の発生を防ぐことで内装材(壁・天井・床など)や家具などを長持ちさせることができるというメリットがあります。

一般的に木造住宅の外壁塗装の寿命は10年前後で、家を長持ちさせるためには10年に1度くらいの頻度で大規模な外壁工事を実施する必要があります。
外壁の耐用年数は使用されている素材の種類によって違いがあり、安物のアクリルだと5~10年ほどで劣化してひび割れ・変色が発生したり雨水が侵入するようになります。

耐久性の高い塗料を選択すると高額の費用がかかりますが、タイル張りにすることでメンテナンス費用をかなり安く抑えることが可能です。
タイル張りの外壁の耐用年数は20~30年と非常に長く、修理をする場合も部分的にシーリング材を注入したり壊れた部分のタイルのみを交換するだけで済みます。
手の届く範囲であれば、ホームセンターなどでシーリング材やモルタル・タイルなどを購入して自分で修繕作業をすることも可能です。

一部のローコスト住宅の中には建築コストを抑えるためにグレードの低い建材が使用されているので、目先の坪単価だけを見て選んでしまうと購入後のメンテナンスコストやランニングコストの割合が高くなることがあるので注意が必要です。
トータルの住居費を抑えるためには、住宅の購入費用(初期費用)と入居後に負担するランニングコストのバランスを考慮することが大切です。

関連記事
noimg
新築で安い費用で済むなら削ってはいけない費用がある

新築マイホームを購入する場合は、予算と住宅のサイズや品質(機能・外観・内装デザイン・間取り・建材のグレードなど)との兼ね合いを考慮してハウス

記事を読む

マイホーム
予算を抑えたいなら平屋のローコスト住宅がおすすめ!

一般的なハウスメーカーに注文住宅の建築を依頼すると平均坪単価は60~90万円ほどですが、ローコスト住宅メーカーを選択することで30~60

記事を読む

noimg
住宅展示場で家を決めたけど、後悔してしまった話

注文住宅を購入するためのハウスメーカー選びをする際にはカタログを取り寄せたりインターネットで調べることができますが、必ず住宅展示場に見学をし

記事を読む

noimg
家のオプション、本当に必要?安く抑えるためにできること

新築住宅を購入する場合は最初に家の構造・間取り・デザインなどを設計しますが、基本設計が決まったら住宅資金(予算)と相談をしながら各種オプショ

記事を読む

noimg
マイホームを建てる前に予算計画はしっかりとしている?

多くの方にとっては新築マイホームは人生で一番高額な買い物であり、購入後も20~30年間にわたり住宅ローンを返済し続けることになります。 その

記事を読む

noimg
ローコスト住宅って実際どれぐらい安いの?

一般庶民でも憧れの注文住宅を購入する方法としてローコスト住宅メーカーが人気を集めていますが、家づくりの経験がないと実際にどれくらいの費用を節

記事を読む

noimg
建築費用を抑えるなら、相場より安い土地が狙い目

新築一戸建て住宅を安く購入する場合は建物の建築費用を抑えるためにローコスト住宅メーカーを利用する方法がありますが、土地を安く買うことでもトー

記事を読む

家
ローコスト住宅を買う前に、購入した人のブログをチェック

ほとんどの方にとって住宅は人生で最も高い買い物ですし、オリジナル設計の注文一戸建て住宅は購入したのに何かの問題が生じて後悔したとしても、

記事を読む