油のとり方はバランスを重視

ダイエットでなにかと敵視されているのが油です。

でもオイルフリーな生活はナンセンスです。

脂溶性のビタミンの補給の効率が悪くなるし、油脂は細胞膜の材料でもありますからね。

油脂食品に含まれている脂肪酸にはいろいろなものがあります。

大別すると、動物性脂肪に多い飽和脂肪酸、オリーブオイルやサラダ油に含まれる一価不飽和脂肪酸、植物油や青魚などに豊富な多価不飽和脂肪酸に分けられます。

多価不飽和脂肪酸のうちn-3と呼ばれrう脂肪は、体脂肪の燃焼を促す因子を活性化させてくれます。

DHAやEPAは血液をサラサラにしてくれることも知っていますよね。

同じ油脂をとるのでも、ダイエットとメタボ予防のために、質を選ぶことも重要です。

各種脂肪酸のバランスを見て、普段の食事ではとりにくい多価不飽和脂肪酸は意識しても補給するようにします。

魅力の肉の賢い調理法

ダイエット中でも日々の食事で良質のタンパク質の補給は欠かせません。

筋肉を必要以上に分解させないためですね。

食事制限で不足する総摂取カロリーを補充するように、体はすきあれば筋肉を取り崩してエネルギーを確保するようにします。

筋肉が減れば代謝が落ちて太りやすくなってしまいます。

肉、魚、まめなどのたんぱく質を十分にとって、運動を取り入れるのがダイエットの基本となるのはそのためです。

毎日低カロリーの魚だけでは味気ないですが、肉を積極的に補給すると、どうしてもタンパク質だけでなく必要以上の脂質がついてくるのが難しいことろです。

そのためにも調理法を良く覚えておく必要があります。

脂の部部bんをあらかじめ取り除くほか、煮る、焼くなどの加熱調理で余分な脂を落とすことができます。

肉食欲が高まった時は、調理法を臨機応変に選ぶことが大事なんですね。

外食ランチの上手な調整法

ダイエット中でも、食事の楽しみを完全に放棄する必要はありません。

むしろ無理な我慢を続けることで、かえってストレスがたまって、暴飲暴食を招いてしまうこともあります。

ダイエット中でも食べていけないものなどないわけですからね。

量さえコントロールできれば好物を我慢しなくてもOKなんですね。

栄養バランスのイイ正統派の定食はもちろん、中華やイタリアンのスターである麺、みんな大好きな洋食、見るだけで嬉しい丼ものだってあきらめなくてもいいのですね。

でも基本は1食600キロカロリーです。

この範囲なら残す必要はありませんが、700キロカロリー以上なら残す覚悟も必要です。

700キロカロリーなら1/7を残す、800キロカロリーなら1/4を残すようにですね。

麺類は基本的に汁を残すことにします。

痩身エステ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です